Letra秽き世の美しき槛

魂音泉

Última atualização em: 23 de dezembro de 2020
Nenhuma tradução disponívelNenhuma tradução disponível
Detectamos alguns problemas
Se você encontrou erros, por favor nos ajude corrigindo-os.

籠女(かごめ) 籠目(かごめ) 賤しき民と月の狭間 何時、何時出やる 穢(きたな)き世の美しき檻

永遠須臾(しゅゆ)今過去-生き続ける 何不自由無い箱入り娘 我侭透(とお)し放題が初期状態 瞬く間>(だいなり)千年万年 どうでもいいDiary 先に期待在り いつも通り退屈の戻り動く興味本位 事の始まり 災い 禁断の扉 開けたパンドラの箱 気が付けば暗がりのなか 閉じ込めたのは竹筒の籠 落とされた生まれ変わり 何故か覚えてない事ばかり 無くした記憶は既に死んでいた? 穢き地上 不死のシンデレラ 籠女 籠目 賤しき民に対し美しき難題 再度問う月の姫 何時、何時出やる 穢き世と遮断された美しき檻 元月の民 地上での暮らし 年月(としつき)も経(た)てばのらりくらり 集う人々のさばり 気配り ひぐらし鳴く季節に気掛かり 恩と情などほっとこうなどと住めば都か 穢き処 少ない体感時間の償いから再会 裏切り共謀 不安な昔を忘れ人里離れ暮らした幸せ 噂聴いた兎駆け込み話し出し半信半疑 辿る道筋振り返り 過去の記憶全て甦り またも口ずさむ罪と罰が打ち砕くは陰る月の明日 籠女 籠目 賤しき民と月の狭間 何時、何時出やる 穢き世の美しき檻 籠女 籠目 賤しき民に対し美しき難題 再度問う月の姫 何時、何時出やる 穢き世と遮断された美しき檻 永く終わりえない永夜の刻(こく) 穢き俗世の美しき檻 大きな密室を作り出して壊す唯一(ひとつ)の鍵 道に垣根 たまの客 五つの難題をただ夢現(ゆめうつつ)に模範解答 狂おしい光の雨霰 真偽に欠け浴びた月の毒気 飛び交う美しき弾の中で見つめる後ろの正面は誰? 籠女 籠目 賤しき民と月の狭間 何時、何時出やる 穢き世の美しき檻 籠女 籠目 賤しき民に対し美しき難題 再度問う月の姫 何時、何時出やる 穢き世と遮断された美しき檻 籠女 籠目 何時、何時出やる

Nenhuma tradução disponívelNenhuma tradução disponível
  • 2

Atividades mais recentes

Sincronizada por伊翼
Traduzido por溯澜染汐

Musixmatch para Spotify e
Apple Music agora está disponível para
seu computador

Baixe agora