LyricsSurvey Ship

KK

  • Written by:
Last update on: July 21, 2017
No translations availableNo translations available
We detected some issues
If you found mistakes, please help us by correcting them.

会いに行くと叫んだあの星が 随分遠くに思えて仕方が無いんだ いっそ見えないとこまで逃げて

忘れるつもりだったのに どこまでもついてくるんだ 暗くて 寒くて 怖くもなるけど 海を渡る船が 引く線のような 決して残ることのない轍を 思い出して 走り出して 銀河の観測船に飛び乗るんだ 目を凝らして 君に会いに行くのさ 誰も知らない航路を 僕だけの宇宙地図を描くんだ そっと夢を見たまま 「どうだい このボロ船には慣れたかい」 どこかで聞いたような声が 馴れ馴れしく言った 「きっとこれだけの星があれば いくらでも目移りするだろう それでも構わないはずさ」と 遠くて 広くて 途方もないけど 煤けた窓にほら 指で描いた 君の絵から射し込む光を 思い出して 指を指して 銀河の観測船で飛び出すんだ 耳を澄まして 真っ直ぐ向き合うのさ この船の汽笛に その全ては懐中銀河の中 正解だって信じたまま ずっとひとりで曖昧にしていたものが 異常に不純で虚しくもなるのさ この果てしない暗闇の中を 寄り道しながら いつまでも君を探し続けるのさ やっと気付いた この船の声が 紛れもない僕だ 忘れた場所で ずっと今を待っていたのかい Survey Ship さあ行こうぜ 銀河の観測船で探し続けるんだ 忘れてもいい 何度でもいつでも思い出してやるんだ 忘れたって なくしたって 目を凝らして 耳を澄まして 君に会いに行くのさ 果てのない航路を この素晴らしい銀河のどこかで そっと夢を見たまま

No translations availableNo translations available
  • 0

Last activities

Synced by山田なな
Translated byJohn Budimir

Musixmatch for Spotify and
Apple Music is now available for
your computer

Download now