Lyricsウージの唄

かりゆし58

Last update on: July 25, 2017
No translations availableNo translations available
These lyrics are waiting for review
植村望琴 suggested changes to these lyrics.

ウージの小唄 ただ静かに響く夏の午後 あぜ道を歩く足を止めて 遥か空を見上げた この島に注ぐ陽の光りは 傷跡を照らし続ける 「あの悲しみを あの痛みを忘れることなかれ」と この道が赤く染まった日の空はあまりにも高く 彼らの祈りも神様には届かなかったのでしょうか それでもウージは唄う「憎むより愛せ」と 生きることの喜びを唄う 南の海の小さな島 こんなにも美しいのは 命の喜びを唄う あなたが居るから 少女は泥だらけの素足で この道を歩きました Ah 大切な人達を守る為 鉄の雨に打たれました それでもウージは唄う「憎むより愛せ」と 悲しみの上に立ち 強く優しく誇り高くあれと唄う 風の中 静かに 生きることの喜びを唄う

No translations availableNo translations available
  • 10

Last activities

Synced by吉田賢斗
Translated byNicolas Pineros

Musixmatch for Spotify and
iTunes is now available for
your computer

Download now