歌詞Nanairo Biyori

nano.RIPE

最終更新日:: 2017年7月21日
利用可能な翻訳 1利用可能な翻訳 1
いくつかの問題を検出しました
間違いを発見した場合は、修正して私たちをお助けてください

魚になって空は海 飛んでるように泳いでる あの山をヒトツ越えたら見えてくる 真っ直ぐに伸びたあぜ道にだれかの小っちゃな忘れ物

片っぽになったクツが示すは晴れ ゆるやかに続いてく日々は答えなどない 季節が水を染めて七色に光るよ 息継ぎしたら消えた 絶え間なく降り注いでる笑い声が遠くで歌うように響いてる 逆さになって海の底 深く潜って目を凝らす ふたつ並んだ足跡は続いている 時計は乾いた音を止め世界は今にも消えそうだ 片っぽになったクツを拾いにゆこう 夜が来て朝が来て繰り返して息づく 宝物を集めてさ 歌うように泳ごう 季節が水を染めて七色に光るよ 息継ぎしたら消えた 晴れたら手を繋いでさ 雨なら潜ってさ 染まる町を眺めよう 絶え間なく降り注いでる笑い声が遠くで歌うように響いてる 歌うように続いてく

利用可能な翻訳 1利用可能な翻訳 1
  • 39

最新の活動

同期者:Vivek Patel
翻訳者:Samuel Siahaan
この歌詞は1言語に翻訳されていますこの歌詞は1言語に翻訳されています

One place, for music creators.

Get early access