• 作詞::
最終更新日:: 2021年3月9日
Maria Jose Martinez Alvarez がこの歌詞の変更を提案しました。

真っ白な景色にいま誘われて 僕は行くよ まだ見ぬ世界へ 迷子のまま旅していた 鼠色の空の下 日替わりの地図 いくつもの夢が滲んでいた いつかはさ ちっぽけな僕のこの歩幅でも あの雲の向こうまで行けるかな 強がって キズついた心透かしたように 降り出した雨粒たちが 乱反射繰り返す 真っ直ぐな光が交差して 行く先も告げぬまま どこまでも突き抜ける 淡い残像 両眼に焼きつけて 届くはずなんだ まだ見ぬ世界へ 知らず知らずに貼っていたのは 白黒のステッカーで 大事なもの 僕らは隠してしまっていた 宝の石より 花より 星の灯りより綺麗な 「夢」と言う名のホログラムを ざわめきを はみだして 逆らって いつか描いた風景 悔しさも 寂しさもいま 泡みたいに弾けとぶ 真っ直ぐな道で 躓いたって かさぶたはがれたら 今よりきっと強くなれる 真っ白な景色にいま誘われて 僕は行くよ まだ見ぬ世界へ 霞む空の先に 虹色の光 明日の影に 震えるたびに 遠くで僕を呼ぶ声がして 真っ直ぐな光が 散らばって 雨上がりの午後に 束になって降り注ぐ 無限のグラデーションがいま混ざり合って この空の下どんな所にいても 必ず届くはずさ まだ見ぬ世界へ

利用可能な翻訳 6利用可能な翻訳 6
  • 298

最新の活動

翻訳者:Fran Huisa

One place, for music creators.

Get early access