歌詞Omae Dattanda

Kishidan

最終更新日:: 2021年7月9日
利用可能な翻訳 5利用可能な翻訳 5

おまえが 隣にいる おまえが 笑っている おまえが 嬉しそうで

俺も笑った おまえは 無邪気だった おまえは 優しかった おまえは 時々泣き 俺は困った 誰より強さを求めたあの頃 俺のたった一つの弱さが おまえだった おまえだった おまえだったんだ 逢いたい 夜を超えて 時を超えて 今逢いたい おまえが 誇りだった おまえが 全てだったから おまえが ついた嘘 俺にはとても 許せなかった 今夜明けを見ていた あぁ オイルの香りと朝焼けの光 アスファルトに照らされてた影は独り 残折を繰り返していたあの頃 俺のたった一つの強さが おまえだった おまえだった おまえだったんだ 確かに おまえがいた おまえがいた おまえがいた 逢いたい 逢えない おまえだったんだ

利用可能な翻訳 5利用可能な翻訳 5
  • 183

最新の活動

同期者:Sfhear Mori
翻訳者:Daksh Dheer

One place, for music creators.

Get early access