歌詞誰もがたどり着けるはずの空へ

ANISTAR

最終更新日:: 2017年7月21日
利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
この歌詞は確認待機中です。
間違いを発見した場合は、修正して私たちをお助けてください

空っぽの心の色 夕陽に融けるように 何もかも失くしていた そんな気がしてた いつもそばにいてくれた 君のこと気づかずに

甘えては傷つけてた 僕の心まで ふたりで描く夢は コインひとつで買えた 遠くなる日々と共に消えてく 折れたツバサは 君に見せるから 飛び立てるだろう 誰もがたどり着けるはずの空へと 孤独さえ楽しんでた 君の存在アテに 引き立てる僕の弱さ 気づいて欲しくて 君を傷つけたいのは 僕を確かめたいから 胸の痛みと引き換えたいから 怖がらないで 踏み出せるのなら 折れたツバサで 誰もがたどり着けるはずの空へと もう君を離せなくなって もう一度 光差す場所へ ふたりで描く夢は コインひとつで買えた 遠くなる日々と共に消えてく 折れたツバサは 君に見せるから 飛び立てるだろう 誰もがたどり着けるはずの空へと

利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
  • 0

最新の活動

翻訳者:Miguel Santillan

あなたのコンピューターのSpotifyと
iTunesでMusixmatchが現在利用可能になりました。

今すぐダウンロード