歌詞風と雲と私

熊谷幸子

  • 作詞::
最終更新日:: 2018年7月12日
利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
この歌詞は確認待機中です。
hippo がこの歌詞の変更を提案しました。

気がつけば いつか雨は止み 雲の切れ間から 青空がのぞいてた ずぶぬれの靴は脱ぎすてて 素足になったら 季節 吹きぬけた 見上げてごらん ちょっと立ち止まり 輝きだす風と雲と 私がいる いつの間にかここに まぶしそうに ひとり立ってる あの時見えなかった明日に 私がいる ほんの少し 濡れた目をぬぐい ひとり歩きだしてる 夕暮れに 迷子になった夏 もう二度と 家に戻れない気がしてた 同じ道 何度も走ってた ひぐらしの声に 泣きそうになってた たどりつきたい たどりつけない だけど いつか たどりついてる 明日が好き たとえ雨降りでも つらいことがあったとしても 白いページ開けて待っている 明日が好き ほんの少し ちがう私に出逢える 明日が大好き 私は好き たとえどんな朝でも くじけそうになったとしても きのうよりも前を見つめてる 明日が好き ほんの少し 私の空が見えてる 明日が大好き

利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
  • 1

最新の活動

同期者:春助

あなたのコンピューターのSpotifyと
Apple MusicでMusixmatchが現在利用可能になりました。

今すぐダウンロード