歌詞1/6の夢旅人2002

樋口了一

最終更新日:: 2017年7月22日
利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
いくつかの問題を検出しました
秋葉隆史 がこの歌詞の変更を提案しました。

まわる まわるよ 地球は まわる 何も無かった 頃から同じように いつも いつでも 飛び出せるように ダイスのように 転がっていたいから 泣きたくなるような時も 君に会いに行きたくなっても 強がるだけ 今は何も 何もわからない 世界じゅうを 僕の涙で埋め尽くして やりきれない こんな思いが 今日の雨を降らせても 新しい朝が いつものように始まる そんな風に そんな風に 僕は生きたいんだ 一人きりでは できない事も タフな笑顔の 仲間となら乗りきれる たどり着いたら そこがスタート ゴールを決める 余裕なんて今はない 誰かを愛することが 何かを信じつづけることが なにより今 この体を 支えてくれるんだ 世界じゅうを 僕の涙で埋め尽くして 疲れきった足元から すべて凍り尽くしても いつの日にか 南風がまた歌いだす そんな風に そんな風に 僕は笑いたいんだ 世界じゅうを 僕の涙で埋め尽くして やりきれない こんな思いが 今日の雨を降らせても 新しい朝が いつものように始まる そんな風に そんな風に 僕は生きたいんだ 生きていきたいんだ

利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
  • 24

最新の活動

同期者:SEI
翻訳者:David Cauchi

あなたのコンピューターのSpotifyと
iTunesでMusixmatchが現在利用可能になりました。

今すぐダウンロード