歌詞長く短い祭

Sheena Ringo

  • 作詞::
最終更新日:: 2020年10月31日
利用可能な翻訳 2利用可能な翻訳 2

天上天下繋ぐ花火哉 万代と刹那の出会ひ 忘るまじ我らの夏を

場違ひに冷え切つた体を 人熱に放つて流し流され 思へば遠くへ来たものだ 人生なんて飽く気ないね まして若さはあつちう間 今宵全員が魁、一枚目よ 皆銘々取りゞの衣裳 奔放な命を被ふ化粧 隠すまじ我らは夏よ 何か知ら落ち込むだ心は 人熱彷徨つて流し流され 思へば遠くへ来たものだ 永遠なんて素気ないね ほんの仮初めが好いね 愈々宴も酣、本番です 皆銘々選り取り全方位 獰猛な命燃やす匂ひ 臆すまじ我らは夏よ 一寸女盛りを如何しやう この侭ぢや行き場がない 花盛り色盛り真盛りまだ 丁度大輪の枝垂れ柳 蘇るひと世の走馬灯 逃すまじ我らの夏を 一寸女盛りを如何しやう この侭ぢやまだ終れない 花盛り色盛り真盛りまだ

利用可能な翻訳 2利用可能な翻訳 2
  • 159

最新の活動

同期者:林士凱
翻訳者:Marcos Cruz
この歌詞は2言語に翻訳されていますこの歌詞は2言語に翻訳されています

One place, for music creators.

Get early access