歌詞サヨナラのあとで

最終更新日:: 2019年7月25日
利用可能な翻訳 1利用可能な翻訳 1
この歌詞は確認待機中です。
中山有理 がこの歌詞の変更を提案しました。

サヨナラのあとで - 嵐 サヨナラ今... サヨナラから... ひとつずつ ひとつずつ 僕らが見てた世界は 寂しさを 置き去りに 日常へと飲み込まれる いくつもの"もしも"が まとわりついたまま どんな言葉を並べたとしても 君はもういない にぎやかなこの街の片隅で 何も出来ない僕がいる 空回り擦り切れてゆく 心がまだ震えてる 白いため息から 零れてゆく 君の温もりさえ 思い出せず 出るはずもない答え探し疲れて 今日も眠りにつく もう少し あと少し 強くありたいと願えば その度に 臆病だと 思い知らされるだけ それぞれの記憶は かたちを変えるけど 君の言葉に嘘はないことを ずっと信じていたい どれだけ時間が流れたとしても 忘れられない君がいる いびつなまま抱え込んだ 心がまだ疼いてる いつか見た夢なら 離れてゆく 僕を呼ぶ声さえ かすれてゆく 行くあてのない涙は気づかれぬまま そっと流れてゆく あの日 止まったままの世界で 何を伝えたらいい 今も分からないよ どれだけ時間が流れたとしても Oh- yeah にぎやかなこの街の片隅で 何も出来ない僕がいる 空回り擦り切れてゆく 心がまだ震えてる 白いため息から 零れてゆく 君の温もりさえ 思い出せず 出るはずのない答え探し疲れて 今日も眠りにつく 忘れないから 忘れないから

利用可能な翻訳 1利用可能な翻訳 1
  • 35

最新の活動

同期者:井上環
翻訳者:Naylia Demoya
この歌詞は1言語に翻訳されていますこの歌詞は1言語に翻訳されています

あなたのコンピューターのSpotifyと
iTunesでMusixmatchが現在利用可能になりました。

今すぐダウンロード