歌詞さよならだけが人生だ

伊東歌詞太郎

最終更新日:: 2019年3月12日
利用可能な翻訳 2利用可能な翻訳 2
この歌詞は確認待機中です。
間違いを発見した場合は、修正して私たちをお助けてください

さよならだけが 人生だという 誰が言ったか忘れたけれど 間違いではないような気がして

振り返り 立ち止まるの 出会いがあれば 別れがあると 誰が言ったか忘れたけど それじゃ何もはじめられないだろう なぜ生まれてきたのか わからないなぁ まるで僕は 作り物で構わない でも転んだら 血が流れるんだよ どうかお願いだ 見せてくれないか 君が愛した ものをすべて どうかお願いだ 見せてくれないか 君が恐れるものを どんな君でも そばにいさせて この悲しみが汚れてるなら きれいな雪が降り積もるという 当たり前のように 生きてたけど 気づいたら 埋もれてしまいそうだ たとえどんな風が吹けど変わらない この想いは 変えられはしないからさ ひとは誰でも孤独だという 実は僕もそう思うんだ 君の孤独も僕の孤独も 消すことはできない でも分かち合えるだろう どうかお願いだ 見せてくれないか 血を流してる君の心 どうかお願いだ 見せてくれないか 汚れたままの過ぎた時間も どうかお願いだ 見せてくれないか 君が愛した ものをすべて どうかお願いだ 見せてくれないか 君が抱えるものを どんな君でも そばにいさせて

利用可能な翻訳 2利用可能な翻訳 2
  • 0

最新の活動

翻訳者:Rose Panalee

あなたのコンピューターのSpotifyと
iTunesでMusixmatchが現在利用可能になりました。

今すぐダウンロード