歌詞スノードーム

三代目 J Soul Brothers

  • 作詞::
最終更新日:: 2018年6月15日
利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません

雪が降りそうな日は なつかしい匂いに 混ざって 鼻の奥ツンと尖(とが)った 風が通り抜けてくよ

想い出とも 言えないくらいの 真っ白な空の下の出逢い 名前呼ぶことさえできずに 恋した あの冬 あなたに降る 雪だけ スノードームみたいに キラキラと輝いてた 手を伸ばして 触(さわ)ろうとしても 触(さわ)れず 瞳(め)を伏せた 気持ちを伝える方法(すべ) そんなこと解らず いつでも ふざけたことばかりして あなた 笑わせてたけど 他のだれかと並び歩いてる あなたの横顔 綺麗すぎて 見たことも無い幸せそうな 顔していたんだ あなたが居る 眩しい スノードームの内側(なか)を 手をかざし見つめていた それが恋の 痛みなんだと 知らずに 恋してた 現在(いま)じゃ笑えるような 拙(つたな)い冬のLOVE STORY 手のひらに乗せた小さなSNOWDOME あなたに降る 雪だけ スノードームみたいに キラキラと輝いてた 手を伸ばして 触(さわ)ろうとしても 触(さわ)れず あなたが居る 眩しい スノードームの内側(なか)を 手をかざし見つめていた それが恋の 痛みなんだと 知らずに 恋してた

利用可能な翻訳がありません利用可能な翻訳がありません
  • 0

最新の活動

同期者:上田あずな
翻訳者:Simon Delgado

One place, for music creators.

Get early access