歌詞Tokohana

やなぎなぎ

  • 作詞::
最終更新日:: 2021年2月20日

初めはいつだって 期待を止められない けれどやがて諦めを覚える

今を守る盾を薬莢に詰め込んで 円く壁を切り取った のぞけば 終わりが見返してた 硝煙弾雨に飛び込む君の 愛情には 表情のない仮面が貼りつく 報いることだけが君を動かすのなら 僕はどうしてここにいる 最後は唐突に 一瞬で奪われる 誰を責めても戻りはしないのに 連鎖は終わらずに それどころか増してく 自分自身を追い込む武装に気づかない ピエロの様だ 砕けた心を纏った君の 感情から微かな声 引き摺り出したい 本当は泣きたくて堪らないって言うなら ただ黙って抱きしめる この世で最高に綺麗なものはなんだか知ってる? 泥の中にいても決して汚れない花だって なぜだか僕は同じ名前背負って生まれて ここに居るんだ 激しい黒に包まれた君の哀情でも心傷でも 全部とりこんで それすら僕の糧にしてみせるさ Like a lotus だからずっとそばにいて 全部とりこんで 淀みない白の花で包みこむよ Like a lotus だからずっと笑ってて

利用可能な翻訳 3利用可能な翻訳 3
  • 143

最新の活動

同期者:Roger Yeneris
翻訳者:choy456789

One place, for music creators.

Get early access