Letra窓の外はもう日曜日

九州男

Última actualización realizada el: 25 de julio de 2017
No hay traducciones disponiblesNo hay traducciones disponibles
Esta letra está pendiente de revisión
If you found mistakes, please help us by correcting them.

九州男 窗の外はもう日曜日

何もない时代に生を受け何も考えず仆は育った 裕福でもなければそんな贫しくもない 一般的な家は一应二阶建 さえない仆は男子校 学校の先生や亲はああしろ、こうしろ なんて言うのが口癖なんだろうか いつから思いっきり阶段驱け上がる 变な癖がついて 杀风景な部屋には亲が付けたカーレンは花柄 开けば气まぐれな空が广がる二阶のベランダ そして周末になればいつもt 家の前を通り过ぎる君を见下ろしていた 晴れが昙り后に雨がふり また晴れが来て天气は笑う 色んな气分を覗かせる わがままな空だったとしても 呆れるほど君が好きで好きで好きで たまらなくなる 每周末必ず来る窗の外はもう日曜日 君は仆に气付いていつしか目が合う度にほほ笑む 气持ち恶くて笑っているのか 兴味を持っているのかわからなかったが 答えは奇迹に后者だった いろんな说明は省くが、后に仆らは手をつなぐ合ってたんだ いつまで经ったも君の笑颜が见れるのなら 何事でも苦ではなくただ だってそれはただただ 仆のエゴイズムの一环でもあってさ 唯一苦しそうな颜を见せた时は 产妇人科のベッドの上で でもその后は器用に泣きながら 何倍もの笑颜を见せた 晴れが昙り后に雨がふり また晴れが来て天气は笑う 色んな气分を覗かせる わがままな空だったとしても 呆れるほど君が好きで好きで好きで たまらなくなる 每周末必ず来る窗の外はもう日曜日 流れ流れ ゆく云 时に流されて ペランダにまた小さな 燕の巢が出来ていた ああしろ、こうしろと言い育てた子供も巢立っていき どっちが先に死ねるかなんてあそびでカケてたけど 结果、仆が负けた 时计とにらめっこしてた日々も怀かしいなあ 子供代わりに君と饲った犬も どうやら仆と同じおおじいちゃんらしい こうやってペランダの外を见下ろせば タイムスリップする 学生时代の君と仆が微笑んで 交差する瞬间に 觉えているかい 初めて目が合った时の事を 初めて会话した时の事を 仆は觉えてる まだ昨日の事见たいに 人に喜び 人に泣き また人に喜んで 君は笑う 无邪气な表情见せる自由气ままな 空见たいだったよ 今になっても 君が好きで好きで好きで 相も变わらず 后悔はない 地味だったけど世界一幸せだった また晴れが来て天气は笑う 色んな气分を覗かせる わがままな空だったとしても 呆れるほど君が好きで好きで好きで たまらなくなる 每周末必ず来る窗の外はもう日曜日 次あったらまた平凡な生活が续くだろうけど いっぱい笑あせてあげよう それが今は唯一の乐しみなんだ 感谢 MOK 提供歌词

No hay traducciones disponiblesNo hay traducciones disponibles
  • 0

Últimas actividades

Traducida porOscar Hartmann

Musixmatch para Spotify y
Apple Music ya está disponible para
tu computadora

Descargar ahora