SongtexteNanairo Biyori

nano.RIPE

Letzte Aktualisierung am: 21. Juli 2017
We detected some issues
If you found mistakes, please help us by correcting them.

魚になって空は海 飛んでるように泳いでる あの山をヒトツ越えたら見えてくる 真っ直ぐに伸びたあぜ道にだれかの小っちゃな忘れ物

片っぽになったクツが示すは晴れ ゆるやかに続いてく日々は答えなどない 季節が水を染めて七色に光るよ 息継ぎしたら消えた 絶え間なく降り注いでる笑い声が遠くで歌うように響いてる 逆さになって海の底 深く潜って目を凝らす ふたつ並んだ足跡は続いている 時計は乾いた音を止め世界は今にも消えそうだ 片っぽになったクツを拾いにゆこう 夜が来て朝が来て繰り返して息づく 宝物を集めてさ 歌うように泳ごう 季節が水を染めて七色に光るよ 息継ぎしたら消えた 晴れたら手を繋いでさ 雨なら潜ってさ 染まる町を眺めよう 絶え間なく降り注いでる笑い声が遠くで歌うように響いてる 歌うように続いてく

  • 39

Letzte Aktivitäten

Synchronisiert vonVivek Patel
Übersetzt vonSamuel Siahaan

One place, for music creators.

Get early access