Songtexte1/6

ALVINE

Letzte Aktualisierung am: 30. Oktober 2017

いつか重力のクサリを 断ち切り君を連れてサテライト

君を探してあの街へ さ迷い歩いた夜の道 受話器越しに聞こえた声が なぜか とても 気になったの 見つけた君は赤い瞳 何事もないフリはナシにして 黒い沼に沈む君を放っておくわけにはいかない いつか重力のクサリを解き放ち 宇宙へ飛ぶサテライト そこに行けば体の重さも 1/6 君が抱えてる悲しみが 少しでも軽くなればそれでいい いつかそこに君を連れていくよ 重力の外へ 宇宙旅行は無理ですが 物理的に高い所へ 色々考えてみた結果 目指すは港の赤い塔 走ってきたフリして 胸の鼓動の速さを隠してみたの 今日は君の手を救い上げる権利をもらうよ 軌道エレベータのように 雲を抜けて昇るよサテライト 300メートル昇れば少しは軽くなるかもね つまり子供ダマシだけれど 意味が少しでも伝わればいい 地上よりも上に連れていきたいの 重力の外へ 見え隠れしてる気持ちは 多分バレているんだろうけれど 今はそれ以上 君を救いたいエゴイズム 太陽の力を借りて 白く輝いているお月様 同じように頼ってくれませんか? いつか重力のクサリを断ち切り 君を連れてサテライト 辛いコトや悲しいコトも全部 1/6 宇宙船はまだ先だけれど そこに辿りつけるまでの間 僕の左手を握っててくれますか? いつか重力の外へ連れていくよ Out of the gravity

  • 29

Letzte Aktivitäten

Synchronisiert vonDavid Ayanoma

Musixmatch ist jetzt für
deinen Computer für Spotify
und iTunes verfügbar

Jetzt herunterladen